FC2ブログ

サルサSALSAワールド!

★SALSAな生活をクリエーティブするブログ★ salsa それは言葉を超えた 心のコミュニケーション世界の誰とでもステッスを踏み 手を重ね合えば わかりあえる素晴らしいダンス

サルサ『トレーニングの原理・原則』 その一 

今週もサルサトレーニングに関して
上級レベルから初心者の方まで

たくさんのメールでのご質問
ありがとうございます。

皆さんのサルサトレーニングが
少しでも良い意味で変化が感じられる

サポートが出来れば嬉しいです。



今回は
サルサ『トレーニングの原理・原則
ついてのお話を一緒に考えていきましょう。



サルサ『トレーニングの原理・原則』

ひとりで踊るサルサのトレーニングとは
一般に下半身の足からトレーニング始めていきます。

下半身のトレーニングを続けていくことで
安定感が得られてきます。

上半身の運動機能を高めるために必要なのです。

どの運動機能を鍛えていくのかに
よって、

サルサのトレーニング方法は異なってきます。



例えば、ステップを安定させて
カラダの揺れを抑えたい・・・



腕のスタイリングを自由に振付けてみたい・・・



ペアーダンス時に男性と組んでいる
腕のチカラを抜きたい・・・など

お一人おひとり課題や目的は違いますが

どれもサルサのトレーニングで
解消することが出来ます。 安心ください。





このサルサのトレーニングの方向性を
分かりやすく一緒に確認していきましょう。



これからお話しをします
『トレーニングの原理・原則』は

サルサ以外の運動や体力要素を鍛える場合にも
基本的に全て当てはまります。

ご自身でおこなう様々なトレーニングへ
柔軟に応用しながら参考にし活用していきましょう。



私たちが普段の生活の中で

動かさなかったり
使わなかったりしている筋肉は、たくさん有ります。

そのひとつが足の裏側です。



毎回のサルサレッスンに参加されて

いらっしゃる方は
足の裏側のトレーニングは理解されていますね。


日常の生活では体験しない足裏のトレーニングは
サルサステップの特長のひとつです。



当然のことながら

普段使われていない筋肉を
動かしながらカラダを動かしますので

動かしずらかったり
重たい運動負荷が脚の筋肉にかかってきます。




はじめは大変ですが

このようなトレーニングを繰り返し
経験することが重要です。



経験していかないと

脚の運動機能や筋力の向上は、
しないという原理があります。



これを『過負荷の原理』といいます・・・次回に続く


皆さんからのSALSAメール お待ちしております。
SALSA ☆ TAKASHI
2012-02-09 12.4315
カラダの動きを一緒に考えていきましょう
t0717salsa@docomo.ne.jp






























スポンサーサイト



Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © サルサSALSAワールド! All Rights Reserved.